義歯について

HOME > 診療のご案内 > 義歯について

義歯治療について

義歯治療

歯が抜けたままの状態や、お口に合っていない入れ歯を使用していると、「食べ物の消化不良」「残った歯の虫歯や歯周病の原因」「発音しにくくなる」など、さまざまな悪影響が出ます。

健康な生活を送るためには、ご自身のお口にあった入れ歯を使用することがきわめて重要になります。

当院では保険治療に加え、患者様のご希望にお答えするため様々な種類の入れ歯(自費治療)に対応しています。入れ歯を検討されている方、現在お持ちの入れ歯に違和感を感じている方はお気軽にご相談ください。

歯をなくしたまま放置すると...

歯をなくした後に入れ歯を入れないままでいると、次のような病気や障害につながる可能性がありますので、お早めにご来院ください。

  • 食べ物がはさまりやすくなり、残った歯が虫歯になりやすくなる
  • 食べ物が口からこぼれて、食事の楽しみが半減する
  • 歯並びや噛み合わせに影響が出て、歯周病や顎関節症の原因になる
  • 上手に噛めないことで消化不良をおこす

保険治療と自費治療の違いについて

保険診療による入れ歯は、治療費を抑えられることが最大のメリットになります。その反面、審美性と機能性は保険外治療と比較すると劣ってしまいます。

義歯の種類

レジン床義歯(保険治療)

保険適用なので、リーズナブルな価格での治療が可能です。保険外診療で使用する素材に比べ、厚みがあり、熱伝導率が悪いので、違和感を感じることがあります。

金属床義歯(自費治療)

入れ歯を支える部分(義歯床)が金属になっています。保険治療と比較すると治療費が高額になりますが装着したときの違和感が少なく、食べ物の温度を伝えやすいのでお食事がおいしく感じられます。
※部分入れ歯も対応しております。

金属床義歯 総入れ歯 金属床義歯 部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー(自費治療)

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属のバネをつかわない部分床義歯です。
歯の表面に金属のバネが無いので、審美性にすぐれています。義歯床の厚さもかなり薄くすることができますので、装着した時の違和感もあまり感じません。 また、無味・無臭で金属アレルギーの心配もありません。

はら歯科 院長ブログ

はら歯科 スタッフブログ

はら歯科 アクセスマップ

医院所在地:栃木県小山市西城南6丁目35-7

栃木県 小山市 西城南
6丁目35-7
宇都宮線小山駅より車15分

詳しい地図はこちら

ページの先頭へ