インプラントについて

HOME > 診療のご案内 > インプラントについて

インプラント治療

インプラント治療

インプラントとは、歯を失った部分に生体親和性の高いチタン製の人工の歯根を埋め込み、そこにセラミック素材等で作られた人工の歯を装着する治療のことです。

入れ歯では噛むことが難しかったものも、しっかり噛めるようになります。また入れ歯のように取り外す必要もなく、審美性にも優れいているため、人前でも口元を気にすることなく食事や会話ができるようになります。

インプラント治療のメリット

  • 自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません
  • 健康な隣りの歯を削る必要がありません
  • 見た目も自然で、人前で口元を気にすることがなくなります

歯をなくしたまま放置すると...

歯をなくした後に入れ歯を入れないままでいると、次のような病気や障害につながる可能性がありますので、お早めにご来院ください。

  • 食べ物がはさまりやすくなり、残った歯が虫歯になりやすくなる
  • 食べ物が口からこぼれて、食事の楽しみが半減する
  • 歯並びや噛み合わせに影響が出て、歯周病や顎関節症の原因になる
  • 上手に噛めないことで消化不良をおこす

インプラントの保証期間

インプラントボディ(本体)には10年、上部構造(かぶせ物)には5年の保証期間を設けております。
外傷や交通事故での損傷の場合は保障対象外となります。詳しくは当院までご相談ください。

インプラントと入れ歯、ブリッジとの違いについて

歯が抜けたところに行う治療法として、インプラントのほかにも「部分入れ歯」と「ブリッジ」という治療の選択肢があります。

部分入れ歯について

部分入れ歯について

入れ歯の両側の歯に止め金を引っ掛けるため、健康な両側の歯にも大きな負担がかかってしまいます。その結果、周りの歯の寿命を縮めてしまいます。また、口腔内に違和感を感じたり、食べ物の温度を感じにくくなる事もあります。

ブリッジについて

ブリッジについて

抜けた歯の両隣の歯を削り、支台を形成し、そこに連なった義歯をかぶせます。支台を形成するため健康な歯を削る必要があります。また、両側の歯に大きな負担がかかるため、部分入れ歯と同様に、周りの歯の寿命を縮めてしまいます。

インプラントについて

インプラント治療について

歯のないところにのみ治療を行うので、他の歯を削る必要はありません。また、周りの歯に負担をかけることもありません。
見た目も天然の歯に近く、食べ物の味や感触がよくわかります。

当院ではカムログインプラントを使用しております

カムログインプラントとは?

カムログインプラント

カムログインプラントは、インプラント先進国であるドイツで長期にわたる基礎と臨床研究に基づいて開発されたインプラントシステムです。
世界中で施術された膨大な臨床実績に基づく研究と改良を重ねた、現在もっとも信頼性が高くかつ革新的なインプラント製品です。

カムログインプラントの特徴

アバットメント連結部

従来のインプラントに比べて、歯冠をつなぐジョイント部分(アバットメント)がしっかりと接合するため、耐久性に優れ、緩みや破折というインプラントの2大トラブルを解消します。

また、金属加工の専門家、技工士、エンジニア、歯科医師などで構成されたチームによって作られているので、医療的にはもちろん、機械的、物理的にも安全性が重視されています。

インプラント治療の流れ

Step1 無料相談

インプラント治療全般について、患者様の疑問点や不安な点について、お答えさせていただきます。

Step2 検査(CT・パノラマ・模型)

CT・パノラマ撮影による検査データを分析し患者様にあった無理のない治療計画を立てます。

Step3 ご説明

検査結果を元に立てた治療計画をご説明させていただきます。

Step4 一次手術

インプラントを顎の骨に植え込みます。手術といっても入院する必要はなく、痛みもほとんどありません。

Step5 二次手術

歯ぐきを開いて、インプラントにアバットメントを取り付け、人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで様子を見ます。

Step6 印象採得(歯の型をとる)

人工歯を作るために歯列の型をとります。

Step7 人工歯の装着

人工歯の装着をします。

Step8 メインテナンス

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。治療後は定期的に来院していただき、メインテナンスを行う必要があります。

インプラント治療 Q&A

Q. インプラント手術時に入院の必要はありますか?
A. 
入院の必要はありません。手術は短時間で終了します。
Q. インプラント手術時に痛みはありますか?
A. 
局所麻酔をしますので、痛みはありませんのでご安心ください。
Q. 治療はどのくらいの期間がかかるのですか?
A. 
インプラントの埋入手術から、一般的には3ヵ月から6ヵ月待ちます。その後、インプラントに支台装置をつけ、数週間待ってから人工の歯を入れます。
Q. インプラントに寿命はありますか?
A. 
治療後の清掃を怠りますと、天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちることがあります。治療後は特にお口の中の衛生状態に気をつけ定期的に検診を受けていただくことがインプラントを長持ちさせるために重要となります。

はら歯科 院長ブログ

はら歯科 スタッフブログ

はら歯科 アクセスマップ

医院所在地:栃木県小山市西城南6丁目35-7

栃木県 小山市 西城南
6丁目35-7
宇都宮線小山駅より車15分

詳しい地図はこちら

ページの先頭へ